自分のための不連続日記

暇なときに思ったことや考えたことを書きます.数学の話も書くかもしれません.更新は不連続です.

遠くない将来

僕の小さい頃の将来の夢は,数学者になることでした.

そんな夢を抱いて早10年ちょっとが経った今の今まで,自分の将来に迷ったことはたぶん一度もなくて,ずんずん突き進んで大学院にまで来ました.

 

ところが今,ついに迷って立ち止まってしまいました.

 

自分は本当に数学をずっとしていきたいのか?と思って悩んでるわけじゃないんです.できることならずっとやっていたいけど,研究していけるほどの能力はないんじゃないのか?と思っているわけです.

京大に来て,先生はもちろん,同期や先輩のすごさに打ちのめされました.(ある先輩いわく,それは全員が思ってることらしいですが)

 

みんな圧倒的に頭がいいし,D進しそうな同じ専門の人たちは僕より1,2歩先の数学をやってる.

これくらいの遅れは学部の頃から想定していたし,すべては想定内なのですが,いざ院生活が始まってみると,修士の2年間の間で追いつけるのか?と思ってしまう.

 

いやいや実際は2年間もない.もしD進せずに就職しようとするなら,数学に没頭できるのは今年いっぱいくらいだろうし,それまでに自分の進路を決定しなければならない.

 

そういうわけで,思ったより自分の将来というものがそこまで来ていることに流石の僕でも焦らざるを得ないという感じで,ああもう時間ってそんなにないんだなって思っています.

 

あ,でも,そんな中でも数学はやっぱりめちゃくちゃ楽しいです.

 

残された時間はあと6ヶ月くらい.頑張ります.