読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のための不連続日記

暇なときに思ったことや考えたことを書きます.数学の話も書くかもしれません.更新は不連続です.

名古屋院試当日の僕

7/30(土)
なんとか起きれて、30分前くらいに席につきました。ここでラッキーだったことは、席が教室の一番後の一番端っこ壁側だったこと。完全にひとりの空間でした。
午前の部  9:00~12:00
あ〜やべえな〜やばいよ〜とか思いながら試験が始まりました。4問なので1問大体45分くらい使えます。
大問1
線形部分空間や直和に関するものでぱっと見全然難しくなかったんですけど、この問題が唯一答案用紙を裏表使い切りました。うまい解法が見つからなくて高々4通りの場合わけで済みそうだったので全部のパターン計算したろって思って後回しにしました。あとで戻ってきて全パターン計算して答えだしたので、下手くそな解答ですけど解けたらええんやろが!おら!○ね!みたいな感情で解きました。
大問2
多項式環がちょろっと扱われてて一瞬戸惑った。初見では(1)しか解けなくてまじで焦りました。この時点では大問1も解けてないので。やばい。死ぬ。分からん。はあ?どうすんの?多項式に行列突っ込んだら無限次元ちゃうんか?ああん?あ、違うわ。無限次元ではないぞ。だいぶ制約かかるな……分からん、飛ばそ。ああやばいなあ。死んじゃうなあ。
大問3
広義積分の収束判定。余裕。15分くらいで解いた。ふぅ……
大問4
数列の問題。最初で単調非増加数列を示せって出てて、この時にああ京大の過去問やってて良かったと思いました。僕はそれまで単調非増加が広義単調減少の言い換えだと知らなかったのでなんも戸惑わずにできました。めでたし。あとはなんかごちゃごちゃやった。だいぶ悩んだ。

午前の部が終わって、かなり焦ってました。だって全完するつもりでしたから。満足に答えられたのが3くらいで、結構焦りましたね。これやばいんじゃないか?いやいやいやいややばいやばい。やばいやばい。死ぬ。
お昼は全く何も食べれませんでした。特に何も復習することもせずただひたすら午後の部を待ちました。

午後の部 13:00~16:00
大問1
最後の問題意味わかんね。というかもう若干思考停止した。午前もそうだけど、いつもと問題の雰囲気が結構違ってて焦ってた。最終的にやっぱり最後解けなかった。
大問2
京大の解析っぽい問題。これは確実に出来た。当初、解析は若干捨てようとか思ってたのに何が起こるか分かんないなあ。
大問3
留数解析の問題。ところがこれがびびったのが今まで見たことない部類の留数問題だった。さすがに留数取れないと死ぬやろ飛び降りるレベルやろと思ってただけにめちゃくちゃ焦りました。でも冷静になって考えてみたら解けました。これが解けたのかなり大きかったと思います。これができてなかったと思うと……いや考えないでおこう。
大問4
まさかのハウスドルフ空間の問題。僕、今回は位相の問題は捨てようかな、超簡単な位相とか集合論とか距離空間とかなら解こうかなってスタンスで挑んで、名大はハウスドルフ出ないと思ってたので焦りましたねえ。結局この大問が一番できなかったです。あとで見直してみると超基本的なことでした。反省します。

とまあこんな感じでなんとか合格できたんですけど、どっちにも転ぶような出来で焦ってました。試験中全く諦めずに挑んだのが良かったです。でもただ運が良かっただけなのかもとも思っています。あと次の試験まで20日を切りました。何をすべきかよく分かって、本当に受験してよかったと思いました。


あ、てゆかやっぱり大阪いいですね。地元最高って感じですね。ただいまです。さよならです。


P.S.
問題見たい人いたら言ってください。1問1ラーメンで見せます。